【江戸川区】鶴の湯 露天にサウナ 黒湯の天然温泉

 

さて、江戸川区の船堀駅の周辺は、知る人ぞ知る(つまりは有名でない)温泉地です。船堀駅を中心に、温泉設備が4軒もあります。まねきの湯、あけぼの湯、乙女湯、そして鶴の湯です。基本は黒湯ですが、微妙に成分が違います(意外と重要)。特定はしませんが、温泉効能を有さない温泉設備もあります。かといって体に悪い訳では決して無く、その雰囲気、お湯加減、美人な女将さんなど、未知なる総合的温泉力によって、人の心身は癒されるのです(いいこと言った・・・)。

せっかく温泉に入りに来たのに、浴場内に貼られている「温泉効能表」の前に立ちながら、ブツブツと何か言っているお客さんなんて、無粋ですよね(私のことかも)。

「鶴の湯」は「源泉かけ流し、黒湯天然温泉。」一般に「源泉かけ流し」とは、源泉をそのまま浴槽に注ぎ込んで、浴槽内での循環ろ過はさせないこと、と言われています。多くの温泉で、源泉は冷たいため、加温は認められています。鶴の湯では、露天風呂、内風呂、そして「水風呂」にも、源泉が使われています。

船堀駅から徒歩5分。住宅街の中にあります。開店時間には地元の方々が並ぶこともあります。サウナは夕方5時までが、比較的混雑するようです(女将さんに聞きました)。自動ドアをくぐると、番台カウンターの前が共用の休憩コーナーになっています。アイスや冷たい飲み物を片手に、テレビを楽しめます。冷蔵庫には瓶詰めのコカコーラが並んでいます。親戚の家に遊びに来たような、懐かしさを感じます。

広くて新しい感じのする脱衣所には、サウナ利用者には嬉しい、ポカリスエットの自販機があります。最新のマッサージチェアもあります。大浴場に入ると、サウナ室の手前には、黒湯源泉を用いた、水風呂があります。タイル絵はシンプルな水色。そしてこの快適な露天風呂。適度な広さの岩風呂で、空を見上げることができます。HPからグーグルインドアビューが見られますので、探検(?)してみてください。

湯あがり、船堀駅への帰り道。だいぶ日が落ちていました。夕焼けに照らされて、オレンジ色に染められた「船堀タワー」を見上げます。東京スカイツリー、東京タワーと並んで「都内三大タワー」の一つに数えられる「ことも」あるそうです。時間があれば、展望台までの無料高速エレベーターで、夜景を楽しんでも良さそう。お風呂上がりにもオススメです。近場で楽しめる、地元自慢観光スポットです。

タイトルとURLをコピーしました