2019-10

感想文

風雪の檻 獄医立花登手控え(ニ) 藤沢周平

さて、藤沢周平さんの牢獄青年医師シリーズ、第2巻である。これが面白くて、つい続けて、手に取ってしまう。最近の図書館は便利だ。インターネットで予約すれば、近場の図書館へ届けてもくれるし、どこの図書館に在庫があるのか、すぐに判別できる。
感想文

春秋の檻 獄医立花登手控え(一) 藤沢周平

医者になるために尊敬する叔父を頼って江戸へ出てきた青年、立花登が主人公。実は大したことのない叔父、口うるさい叔母、跳ねっ返りな従妹。小伝馬町の牢獄の、囚人対応のお医者さんという職業で、日頃は柔道の道場に通いながら、降りかかる難事件に関わっていく。
銭湯

【墨田区】松の湯 両国近辺 力士にも会えるかも?

墨田区、松の湯。JR総武線の両国駅、錦糸町駅と、都営新宿線菊川駅の中間くらいにあります。隅田川からは、竪川(たてかわ)沿いに歩いて来れます。竪川は、上空を首都高速7号小松川線に覆われていてやや騒々しいですが、飛び石に水上公園もあり...
珈琲店

サンマルクカフェ 両国駅前 お相撲は休み中

東京都墨田区横網一丁目。「よこづないっちょうめ」ではなく、「よこあみ」である。よく間違えられる(私もはじめは間違えた)。町名の由来は定かではなく、漁師が横に網を干していた、という説もあるとか。隅田川の両国国技館、江戸東京博物館など...
お酒

純米銀波 沖正宗 値引でお買い得だペン

国産米100%使用の「沖正宗」が、ドンキホーテで安売りをしていた。賞味期限の切れそうな(まさに飲み頃である、という説もある)日本酒が、専用コーナーに並んでいるときがある。プロはこういった機会を見逃さないものだ。ちょっと飲んでみるに...
銭湯

【江戸川区】小島湯 素ん晴らしいペンキ絵

江戸川区の船堀駅周辺は、「銭湯タイプ温泉の黄金地体」と勝手に呼んでいる地域ですが、位置的にはその船堀と西葛西の間に、小島湯があります。船堀街道を南下して、新川を過ぎたあたりで、やや東寄りに荒川方面へ緩やかにカーブする、棒芽場(ぼう...
感想文

閉店屋五郎 (原宏一)

中古備品販売を生業とする「五郎」は、50代のオッサンだ。離婚暦あり、過去に色々な仕事に就いては失敗し人生経験も豊富、だが人情に厚く、あまり物事を冷静に考えずに直情型で動くような性格。あるとき、今は独立した30代の一人娘が、店の手伝...
お酒

ブラックニッカ リッチブレンド スイートな次男坊だ

ブラックニッカ、リッチブレンド。芳醇なコクと華やかな香り、爽やかな余韻のウイスキーである(宣伝文そのまま)。いつものブラックニッカクリアよりも、三割程度、値段が上がっている。それでも大衆向けウイスキーであることにかわりわないけれど...
銭湯

【江戸川区】日の出湯 正統派下町銭湯

まさに、最近まれに見るような、正統派の銭湯である(ちょっと大げさかしら)。破風造りの構えに、広くてゆったりとした待合室、番台で迎えてくれる七福神のように優しげな女将さん、冷えたオロナミンCなど。江戸川区、松江にある銭湯、日の出湯。...
珈琲店

台東区入谷 これこそ純喫茶だ 珈琲店 Gen(ジァン)

落ち着いた店内、優しげなマスター。これこそ純喫茶だ。東京都台東区、入谷駅近くの喫茶店「ジァン」は、台東区の下町文化遺産に登録したくなるくらい、完成された良い雰囲気を持つ、街角の喫茶店だ。 天皇陛下の御即位記念の日。今年だけは...
タイトルとURLをコピーしました