2019-06

旅行記

福州のアンデルセン(2019福州_04)

中国福建省、福州の街角にある、安徳魯森(アンデルセン)というパン屋さん。普通の生活空間にある、普通のパン屋さん。 焼き立てのパン、というわけではなく、どこかの工場で作ったような、ビニール袋に入ったパンが、店内のパン棚に並んで...
旅行記

北京首都空港の上島珈琲(2019福州_03)

北京首都空港の、国内線ターミナル第二ターミナルから、福州空港へ向けて飛び立つ、少し前。少し変わった名前の、上島珈琲があった。 一番安いのが、伊大利珈琲、イタリアコーヒー、28元(400円くらい)。量は少ないけど、目の覚める濃...
旅行記

全日空、機内コーヒー(2019福州_02)

JALの機内コーヒー まず、北京に向かう。全日空787機の座席。エコノミーだけど、やや広くて心地よい。先ほど、つい赤ワインを注文してしまい、早めに酔いを覚ますために、お茶、お味噌汁(これが赤味噌で、すごく美味しい!)に続いて...
旅行記

ダブルオーワイン(2019福州_01)

ダブルオーワイン、JAL 中国への出張。今回は、大勢の日本の科学技術関係の皆様に訪中してもらい、中国の研究所や大学、科学技術関係施設を視察してもらい、今の中国の科学技術動向を、ご自身の経験として知ってもらおう、という企画であ...
珈琲店

市ヶ谷駅 もう一つのドトールコーヒー

市ヶ谷駅には、以前に閉店したのも含めると、全部で三軒のドトールコーヒーがあった。その他にもコーヒーチェーンの競争が激しい場所だ。大手の店は、大体、揃っている。靖国通り沿いの、大きな桜並木の下には、朝の出勤タイムから昼時の大混雑タイ...
お酒

ハイサワーハイッピー レモンビア!

ハイサワー、ハイッピー。何となくホッピーの様な雰囲気が満載だ。ホッピーよりも安かった。プリン体ゼロ、カロリーオフ。「ハイサワーハイッピー」は、ビアテイストの炭酸飲料て、焼酎と割って、ホップの苦味の効いたビールテイストの飲料が作れる...
銭湯

【江東区】らかん湯 西大島の招き猫

都営新宿線の西大島駅と、総武線の亀戸駅の、ほぼ真ん中。明治通りから、大島銀座通り商店街、という細い道を入ると、西大島銭湯、らかん湯がある。電子マネーのペイペイに対応している。 全体的に白い色で清潔感のある造り。洗い場の広さが...
お酒

ホッピー黒

昨日の反省から、ホッピーは事前に冷蔵庫で冷やすことが必須であることを学んだ私たち人類。初夏の週末、やや熱めのお風呂にも入って、喉も乾きつつ、最高のコンディションを整えてから、今度は「黒ホッピー」を冷蔵庫から取り出す。 プリン...
お酒

ホッピー白

ホッピーとは、元々は、ビールのような清涼飲料水であり、焼酎をこれで割った飲み物も、同じくホッピーと呼んでいる。 ホッピービバレッジという会社が作っていて、色々な「ホッピー」飲料が世の中には存在しているようだ。 本物のホップを...
お酒

特別本醸造 秩父錦 心が通う秩父の地酒

創業、寛永二年。心が通う秩父の地酒、秩父錦だ。横のペンギンがビックサイズなので気が付きにくいかもしれないが、一升瓶である。秩父の自然に育まれた清酒、仕込み水は秩父山系の伏流水を使用している。おすすめの飲み方は「常温」である。正統派...
タイトルとURLをコピーしました