2019-12

珈琲店

回転する地球儀を眺めよう。カフェ・ベローチェ 淡路町駅前店

カフェ・ベローチェは知る人ぞ知る(みんな知ってる!)コーヒーチェーンですが、いくつかの店舗には、地球儀があって、静かに回っています。ここ淡路町駅前店は、「回る地球儀のある珈琲店」の一つ。地球儀を見ることが今、一部のお客さんの間で静...
感想文

麻雀放浪記 2風雲編 阿佐田哲也

2作目。前作から数年が経過した主人公「坊や哲」は、すっかりヒロポン(麻薬)中毒になっていた。麻薬欲しさに、もうろうとした意識の中でヤクザの代打ちをするけど、ボロボロに負けてしまう。イカサマもばれて、自暴自棄になって飲食店で大暴れし...
感想文

麻雀放浪記 1青春編 阿佐田哲也

もう何回、読み直したことだろう。「昭和二十年十月───。敗戦後まだひと月あまりしかたっていない、そんなある日、不忍池に近い部落の奥まった部分、警官も立ち入れなかったような場所に、ボロボロのシャツ一枚に戦闘帽という貧相な中年男が入り...
銭湯

【台東区】寿湯 広い露天風呂、上野を代表する銭湯

立派な銭湯。浅草通りと清澄通りの交差点から徒歩1分。銀座線の茗荷谷駅が至近だ。朝11時の開店に、かなりの人たちが並んでいた。フロントにはお姉さんが二人。学生さんだろうか。レンタルタオルセットが70円。せっせと配っている。ロビーには...
お酒

蔵の冠 美味しい飲み方を探そう

「蔵の冠」というお酒を検索すると、安い日本酒の代名詞のような紹介記事が連続でヒットする。比較的、低い評価が目立つけれど、値段相応だとか、飲み方によってはいける、といった声も聞こえてくる。いずれにしても、ガラス製のボトル瓶に入った日...
感想文

これでいいのだ 赤塚不二夫自叙伝 おそ松さんは、なぜ6人?

マンガ「おそ松くん」は当初、4週間限定の連載だったそうだ。これまで主人公といえば一人が普通だったので、増やしてみよう、という試みで、映画「一ダースなら安くなる(1950年のコメディ)」にヒントを得た。12人だと1コマに入りきらない...
銭湯

【板橋区】さやの湯処 きれいな日本庭園、美味しいお蕎麦も

前の原温泉「さやの湯処」は、都営三田線の志村坂上駅より徒歩約8分。赤羽駅からも、バスで来れます。閑静な住宅街に囲まれた、比較的静かな場所にあります。日本式庭園を利用した、とても広い温浴施設です。 露天コーナーへの扉をカラカラ...
お酒

芋焼酎 別撰 KAIDO(海童)タマアカネ

セブンイレブンで1,000円相当のところ、754円にて購入した。ラベルの色が少し薄くなっているところを見ると、賞味期限の近づきもさておき、熟成された高級酒の部類に入るのだろう。おそらく一年間は、このセブンイレブンのお酒コーナーに置...
感想文

スマイリング!岩熊自転車 関口俊太(作:土橋章宏)

「超高速!参勤交代」をはじめ、楽しい切り口で時代小説を手掛ける、土橋章宏さんの作品。今回のテーマは、自転車レース「ツール・ド・函館」を舞台に、函館に暮らす孤独な中学生・俊太と、かつて夢を追いかけていた「岩熊自転車」の主人(おっちゃ...
珈琲店

珈琲店 桂 ゆっくり流れる、暖炉のような時間

珈琲店「桂」、台東区役所西横店。ゆっくりとした時間が流れる、昔ながらの小さな喫茶店が、台東区役所のすぐ横にある。浅草通りと昭和通りが交差する賑やかな大通りから、少しだけ歩いて、小さな路地に入ってみよう。落ち着いた、昭和的な空気が流...
タイトルとURLをコピーしました