2020-02

お酒

「パンジャブグリル」高級インド料理【2020デリー_13】

夕食のために、多くのレストランが並んでいる、サウスデリー地区にあるショッピングモールへ入ります。「パンジャブグリル(Punjab Grill)」という、高級インド料理レストラン。ビュッフェ方式で、伝統的なインド料理を自由に好きなだ...
旅行記

インド工科大学 デリー校を歩きます【2020デリー_12】

今回の出張の主目的は、インド工科大学デリー校における国際的なシンポジウムの開催です。 インド工科大学は、工学と科学技術を専門とする、インドの国立大学の総称です。 国家的な重要性を有した研究機関としても位置づけられています。 「デリ...
旅行記

露天商との交渉 象の置物は1,000ルピーから【2020デリー_11】

両替をするために、繁華街へと立ち寄ります。町中の両替商は商店の中にあって、技巧よりもレートが良い事が多いようです。ニューデリー地区、コンノートプレースに近い商店街は、平日の昼間ですが、インド内外からの観光客で賑わっています。 ...
お酒

キングフィッシャーに、ミーゴレン【2020デリー_10】

デリーでのお仕事(一日目)がやっと終わって、同僚たちと一緒に近くのレストランに入り、夕食の時間を迎えました。カレーを始めとするインド料理は、続けて食べると胃がもたれてしまうので、気分転換に、中華料理のお店に入りました。ここは「やき...
旅行記

フマユーン廟を見学しながら、ムガル帝国の歴史を振り返る【2020デリー_09】

日本では戦国時代から江戸幕府の時代。16世紀から19世紀のアジアでは、4つの帝国が栄えていました。トルコではオスマン帝国、イランではサファヴィー朝、中国では清、インドではムガル帝国、が栄えていました。 ムガル帝国の「ムガル」...
旅行記

カーン市場から、フマユーン廟【2020デリー_08】

朝、まだ業務が始まる前の時間に、早朝のカーン・マーケットを見てこよう、と思いました。「マーケット」というからには、朝市のようなものが開催されているはず!と思ったのですが、実際に現地に着いたところ、インドの方々は朝が遅いようで、まだ...
旅行記

デリーの午後 颯爽と駆けるマルチスズキ【2020デリー_07】

続いて、同じくニューデリーの中心地、インド門近くの広場の風景です。インド門とは、第一次世界大戦で戦死したイギリス領インド帝国の兵士(約8万5千人)を追悼するために造られた慰霊碑です。高さ42mのアーチには、第一次大戦で戦死したイン...
旅行記

デリーの街角 ケンタにサブウェイ、みずほ銀行【2020デリー_06】

今回の出張では、インドのデリー市に来ています。主な活動拠点は、デリー市の南側、「サウスデリー」と呼ばれる地域です。現地駐在員の方に、市内見学も兼ねて、デリー市の中心地域である「ニューデリー」まで、連れて行ってもらいました。 ...
お酒

赤ワイン、トゥーレル・ド・ドロミー【2020デリー_05】

トゥーレル・ド・ドロミー、ANAオリジナルブレンド。ヤマザキビスケットのルブァン・クラシカル(つまりクラッカー)と、キリのクリームチーズ。赤ワインのために、夕食のデザートを残しておきました。 赤ワインですが、よく冷えています...
お酒

日本酒 司牡丹 純米辛口【2020デリー_04】

成田空港からインドのデリー空港への、10時間のフライトは続きます。夕食が出てきましたので、これらを酒の肴にしながら、おいしい日本酒が飲みたくなりました。司牡丹、純米辛口。酒豪の国、土佐の代表酒です。 よく冷えていて、スッキ...
タイトルとURLをコピーしました