【江東区】高砂湯 こころ温まる 菊川の下町銭湯

東京都墨田区、都営新宿線の菊川駅から徒歩5分のところにある、高砂湯(たかさごゆ)さん。扉を開くと、爽やかな若旦那が迎えてくれました。ホームページにもあるとおり、高砂湯では「一人一声運動」というのをしていて、お客さん一人一人に対して、あいさつや、近況の話をしてくれます。銭湯に入る前から、なんだか気持ちが温まります。無料で手ぬぐいを貸してくれます。これはとても助かります。

脱衣場に入ると、結構、お客さんがいます。地元のご年配の方々が、多いようです。平日の6時過ぎ、サラリーマン風の若者(あまり若くないけど)は私だけ。日曜にはランナーの利用も受け付けてくれるそうです。

浴場内は、さほど広くはないのですが、とても落ち着けるというか、なんだかこう、心地よい広さです。シャワーに洗い場、サウナ室に水風呂。浴槽は二つあり、正面左手は深くなっている「座り湯」と「ジェット湯」。ボタンを押すとジェットバブルが噴出します。半端ない威力です。「子供は注意!」と書かれています。

正面右手は、ゆっくりと足を延ばして温まれる、普通の大きな浴槽。座ってみると、座高の高さが、まさに、ちょうどいいのです。とてもゆっくりとリラックスできる高さ。こちらの浴槽は、4人程度が足を延ばせる広さです。この日は、どちらも、青い色の入浴剤が使用されていました。やや熱めの温度、水温計は43度を指しています。

浴槽に、危険時には鳴らせるよう、金属製の緊急笛が、下げられています。「周囲に気分の悪そうな方がいらっしゃったら、笛を吹いてください」との記載があります。サウナがあることと、ご年配の方が多いことからの、配慮なのでしょう。若旦那も、頻繁に浴室内に入って桶を並べ替えたり、脱衣場の床の清掃に来たりしながら、声がけをされていました。

湯上り。休憩室で、いろいろなお話を伺いました。ホームページでも紹介されていますが、若旦那はこの銭湯の大旦那さんの娘婿で、北海道の小樽がご出身。18歳で東京に出てきたそうです。地元の方々ばかりでなく、新しいお客さんにも、気さくにお声がけをしてくれるのは、お人柄だなあ、と感じました。体も気持ちも温まる、とても心地よい銭湯でした。

タイトルとURLをコピーしました